あくびのくらし

1人称じゃない、毎日のくらし
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
SPONSORED LINKS
CATEGORIES
RECENT COMMENT
名言集
ブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
マタニティ操体
マタニティ操体
細川 雅美編著 / 稲田 稔編著
東方出版 (2007.2)
通常24時間以内に発送します。
いつでも里親募集中
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | pookmark
春前の寝る前
アルバムを見るのが大好きでよく、見てしまう。
 それがあるのは私の小さな小さな部屋の、殆どをせしめているベッドの下で、私はそれを出す為に多大な努力をするのに。
 10年前も5年前も、私は被写体であるという意識のためか、いつも笑顔である。そしてその事は今の私を安心させるのだ。瞬間を写した一枚の小さな紙切れが、2次元である現実だけを切り取ってくれている・・思い出である、ということ。この嘆息はその時にはなかった、又同じように笑えるのだ、それは今でも、と。

 窓を開けると隣のマンションのベランダで、洗濯物を干している女性の姿が目に映る。影絵みたい。

 春前の、寝る前。いつもみたいに、赤紫のワインを呑みながら、1人でぼんやりする。台所の換気扇だけがコンスタントに聴こえてくる。
この時間が好き、だった。

 最近、私の中に残ってるものが、今、私の中でどうなっているか、確認するのが怖かった。

 私を形作るものは私の過去から。
郷愁の中で息づき、今も体のどこかに残っている。

 良いものを見たね。
良いものを聞いて、素敵な人に会って、忘れられない場所に行ったね。愚かしい事たちよりも、いっぱい。
 
 赦し、となる証拠が、答えになる日が来るのを、じっと待ってる。
vida | 01:22 | - | - | pookmark
スポンサーサイト
- | 01:22 | - | - | pookmark